×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手遊び歌の特集

手遊び歌の特集

手遊び歌とは?

手遊び歌とは、日本に昔から伝わる童歌や民謡などを歌いながら手や身体などを使って楽しむ昔ながらの遊びの一つです。指や手を動かしたりして音楽や歌に合わせていろいろな表現や動きをしながら歌う遊びで、お母さんと子供が一緒にしたり子供同士でも楽しめます。時には指や手だけではなく身体全体を使って遊ぶこともあります。

手遊び歌の一番の良さは大人と子供が一緒になって遊べるということです。外に出られない時や室内で遊んでいるちょっとした時間でも、道具も必要なくすぐに子供と遊ぶことができます。子供は飽きっぽいし集中力が続かないので手遊び歌はちょっとした遊びにはもってこいの遊びですし、使うのは手や指だけですのでかなり経済的ですよね。

さらに手遊び歌の良いところは子供とじかに触れ合って遊ぶので、子供とのコミュニケーションやスキンシップにも大変役立ちますよ。こちょこちょとくすぐったり顔をつついたりする手遊び歌は子供に様々な刺激を与えることも出来るし、赤ちゃんや小さい子供はホント喜びます。

子供と一緒に手遊び歌で遊ぶ時は、お母さんも楽しみましょう。赤ちゃんや子供は意外とお母さんなどの表情を見て感じ取ります、もし手遊び歌をしている時につまらなそうな顔や義務的な感じで遊ぶと子供は敏感に感じ取ってしまいます。なので手遊び歌で遊ぶ時は赤ちゃんや子供と一緒になって楽しむことがとても重要ですよ。

手遊び歌:グーチョキパー

たくさんの手遊び歌がありますがまずは手遊び歌の代表的な一つでもあるグーチョキパーを紹介します。

グーチョキパーはその名前のとうりじゃんけんのグー・チョキ・パーを両手で使っていろいろな生き物や乗り物などの形を作って遊ぶ手遊び歌です。右手と左手の組み合わせにはたくさんの可能性があり、決まった形は無いので子供の想像力を育成する為の遊びとしても役に立ちます。では歌詞についてみていきましょう。

グーチョキパーで、グーチョキパーで(このときに自分の身体の前でグーチョキパーを順番に両手で作っていく)

何つくろ〜、何つくろ〜(このときパーの両手を左右に振る)

右手がパーで、左手がパーで、ちょうちょ、ちょうちょ(この部分は自由に創造して遊びましょう)

他にも、「右手がグーで左手もグーでドラえもん」・「右手がチョキで左手もチョキでかにさん」・「右手がグーで左手がパーでヘリコプター」・「右手がグーで左手もグーでアンパンマン」・「右手がパーで左手もパーでうさぎさん」などたくさんの組み合わせがあります。想像力次第でまだまだたくさんの組み合わせが出来ると思うので自分だけのオリジナルを考えると楽しいですよね。

手遊び歌と脳の関係

手遊び歌は歌と動作の一体化によりリズム反応や反射神経の経験を重ね脳の働きを活発にすることを助ける作用があります。つまり手遊び歌は知能発達の基礎である、基本的感覚やリズム感、反射神経や記憶などの成長を助けることが出来て、赤ちゃんや子供の人間形成に非常に役立っています。

乳幼児期から日常生活の中で手遊び歌で手を充分に動かすことで脳に刺激をあたえ、脳の活動を活発にするこで脳の成長を促すことが出来るのです。手には感覚器官として外の情報を収集する能力があります、なので手遊び歌は単にリズム遊びをするということだけではなくて、子供の精神的・身体的発達にも非常に有効な遊びなのですね。

ソーシャルブックマーク!!

下記のボタンをクリックするとソーシャルブックマークの一覧が見れますよ。あなたが使っているソーシャルブックマークに【手遊び歌の特集】の登録をヨロシクお願いします。

ブックマークに追加する

あなたのお使いのパソコンのブックマークに登録も一緒にお願いします!!

RSSリーダーにも登録をお願いします!!

RSS配信してますので、あなたがお使いのRSSリーダーにも登録をヨロシクお願いします。

Googleに追加 My Yahoo!に追加 livedoor Readerに追加 はてなRSSに追加 goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

検索はgoogle(グーグル)で!!

Google